CoD:WW2はとりあえずグレネードを投げておくことをオススメする理由

Call of Duty: WWII Private Beta

CoDのグレネードは味方もキルできるようにしてほしい理由という記事を書いた直後にこういうことを言うのも変な話ですが書きます。

CoD:WWIIを遊ぶならとりあえずグレネードはデスするまでに投げてしまった方がいいと思います。場所はとりあえず遠くならどこでもいいので(笑)

WWIIはクラス作成システムのPICK10を廃止したのでみんなグレネードを携帯しています。このグレネードはとりあえず敵がいそうな場所に投げておくだけでも運が良ければキルが取れるので便利です。グレネードならマークII手榴弾がオススメです。粘着爆弾もいいですけどね。爆発までの時間が短いので。

逆に敵が適当に投げたグレネードで自分がデスしてしまうとガッカリするんですけど(笑)

スポンサーリンク

ハードコアと違ってフレンドリーファイアが無いならグレネードはとりあえず投げておく

本音を言うならグレネードは味方もキルできるようにした方が適当に投げる人が減るとは思うのですが、フレンドリーファイアがないシステムな以上は自分も適当に投げてキルを稼いだ方がいいです。

使えるシステムを使わないなんていう縛りプレイは必要ないので。

もちろんちゃんとした場面でグレネードを使う方がいいのですが、使い切らずにデスしてしまうくらいなら敵がいそうだなーって思うところにとりあえず放り投げておくといいと思います。部屋の中とか塀の向こうとかどこでもいいので。

敵に背後や横をとられない為にグレネードを投げておくのもアリ

自分が見ていない方向から敵が来ないようにグレネードを投げておくというのも、背後や横をとられないための対策としては良いと思います。

グレネードは味方もキルできた方が適当に投げる人が減るから良いと言っておきながら、今度は適当に投げた方が良いと真逆なことを言っていますね(笑)

でも、普通のルールではフレンドリーファイアがないというシステムな以上、グレネードはガンガン投擲していった方が良いです。

味方のいない場所にはとりあえずグレネードを投げておこう

とりあえず敵がいそうな場所にグレネードを放り投げる。これだけでラッキーキルを何キルか稼げると思いますよ。

でも、あんまりやると味方の視界を遮ったり邪魔になることもあるので多少は考えて投げた方がいいですけどね。

味方がたくさんいる場所には投げずに、味方がいない場所(味方がいない場所に敵はいるので)に投げることを心がけると良さそうです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

渡瀬公一

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人の渡瀬公一(ワタセコウイチ)です。FPSが大好物。CoDWWII発売が楽しみ!※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。プロフィール画像は素材サイトぴよたそ。