【CoD:WW2】山岳師団とはどんなディビジョンなのか?

codww2

今回はCoD:WW2のディビジョン、山岳師団について書いていきます。

山岳師団のディビジョンスキル、ディビジョントレーニングは下記の通りです。

【ディビジョンスキル:シャープシューター】

周りが見えなくなるが照準アシストと、敵の名前が捕捉できる

【ディビジョントレーニング:スカウトIII】

  • 離れた場所から敵の名前(ID)を確認できる
  • マップが大きくなる
  • プレイヤーが操作するスコアストリークに捕捉されない

スポンサーリンク

山岳師団はスナイパー向きのディビジョン?

スキルやトレーニングを見る限り、山岳師団はスナイパー向きのディビジョンに思われます。

照準アシスト、敵の名前が捕捉できる、遠距離から敵の名前を確認できるということなのでスナイパー向きですよね。ただ、スキルの照準アシストって何なのでしょうか。普通のエイムアシストとは別にアシストがあるということですかね。もっとアシストが強くなるとか(笑)オートエイムじゃないけど、エイムアシストより強いみたいな。分かりませんが(笑)

また、マップの捕捉範囲も広くなるようですので、離れた場所の敵も見つけやすくなりますし。今作は2段ジャンプがない地に足のついたCoDなのでスナイパーでも戦いやすいでしょうから、スナイパーとこのディビジョンを選ぶ人は多いのではないでしょうか。私はBO3とIWでスナイパーは諦めていたのですが、WW2から私もまたスナイパーに挑戦していこうかと思っています。

プレイヤーの操作するスコアストリークに捕捉されないというのは、今までのパークで言うところのブラインドアイのようなものということでいいですよね。空爆などのスコアストリーク使用時に赤く捕捉されないので狙われにくいというアレですね。

跳躍地雷、バウンシングベティも装備できる

SIEJAさんのツイートでは「バウンシングベティ」も装備できるとあります。

【バウンシングベティ(跳躍地雷)とは?】

第二次世界大戦でドイツ軍が用いたS-マインが代表的なものである対人地雷のカテゴリーの一つで、人などが圧力信管を踏んだり、それに連動したワイヤーロープに引っ掛かったりした時、地雷底部のスプリング、または跳躍用爆薬が作動し、高さ1.5m程度まで跳ね上がってから地雷本体が炸裂し、金属球を飛び散らせて広範囲の人間を殺傷する。

引用元:跳躍地雷 – Wikipedia

バウンシングベティーとは跳躍地雷のニックネームです。

さて、今回は山岳師団について書いてきました。

今まで5つ全てのディビジョンについて書いてきましたが、私はやっぱり空挺師団が一番使いやすそうな気がします。やっぱりスピーディに動けるというのは強いと思います。

皆さんはどの師団をメインに使っていきたいですか?

(img via:@CoD_SIEJA

スポンサーリンク