【面白くなかった】ZOIDS FIELD OF REBELLIONを遊んだ感想

ゾイドFOR

4月18日からスマートフォンゲーム、ZOIDS FIELD OF REBELLION(以下、ゾイドFOR)が配信開始されています。

ゾイドFORの公式Twitterで地味に配信開始がツイートされていました(笑) 気づいていない人も多いかもしれませんね。

私もやってみましたが操作が難しいです。

スマホゲームをやりなれてる人なら気にならないのかもしれませんが、そこまでスマホゲームをやってない私にとっては難しく感じました。スマホ画面をタップしてゾイドを動かすというのはちょっと無理があるような気がします。

敵の攻撃を避けるのが難しすぎる気がします。スマホの操作性もあると思いますが、ゾイド自体の動きが鈍いと思います。もっとシャキシャキ動けよと叫びたくなりますね。

アクションゲームと呼ぶにはちょっと難しいものがあるのでは無いでしょうか。そもそもアクションゲームでは無いのかな?ゾイドの一番の魅力であるゾイドでの戦闘がパッとしないのがとても残念です。

ゾイドFORは期待外れだった

私は事前にゾイドFORの公式サイトなどは全く見ていなかったのですが、想像していたゲーム内容はゾイドでもっと広いフィールドをガンガン走り回って戦闘するようなゲームでした。でも実際はシミュレーションゲームとアクションゲームを合わせたようなゲームで迫力も無いですし、パッとしませんでした。なんか中途半端なんですよね、私の記事の内容みたいに(笑)

ゾイドを自分で操作して動かすのではなく、前進や後退、回避、攻撃のようにコマンドを選択して戦闘を進めるシミュレーションだったら良かったのかもしれませんが、アクションゲームとしてはいまひとつだと思います。

また、最初に乗れる機体がコマンドウルフというのも不満です。せめてシールドライガー、セイバータイガーくらいは選べるようにして欲しかったです。

最初の説明のチュートリアルも分かりづらく、それなのに長いのも疲れました。正直、チュートリアルだけで投げ出す人も多いと思います。

ゾイドは据え置き機で出してほしい

やっぱり、ゾイドはPS4のような据え置き機でオープンワールドにして自由にゾイドを乗り回せて、どこでも戦闘できて街ではゾイドを降りて自由に歩き回れるようなゲームにしてほしいです。ゾイドに乗り込むシーンなどはタイタンフォールのような感じにして。そして初代アニメの共和国軍と帝国軍が舞台で。

ゾイドFORを遊んだ感想を書くつもりが自分が遊びたいゾイドゲームの要望になってしまいました(笑)

やっぱりスマホゲームでアクションは限界があると感じました。

【関連記事】

スポンサーリンク