桐生も逃げる事が許された!龍が如く6では戦闘から逃げる事が可能

龍が如く6

今までの龍が如くは戦闘になる前に逃げ切ったり、絡んできそうな人たちの横を通る時に歩いて通り過ぎる事で戦闘になるのを避ける事はできていました。酔ってる時だと絡まれやすかったですけどね(笑)

ですが、一度、戦闘に突入してしまうと敵を倒すまで逃げる事はできませんでした。

でも龍が如く6では遂に戦闘の途中で逃げる事ができるそうです。イベントの途中では雑魚との戦闘は面倒ですからね。強制戦闘は仕方ないですが。

スポンサーリンク

ストーリーをサクサク進めたい人には有難いシステムでは?

今作の敵キャラクターのAIは、各自で状況を判断してバトルを行うため、現在はバトルよりも探索やストーリー進行を優先したい場合、喧嘩を売られた状態の場から離れて、敵キャラクターをふり切れば、バトルそのものを回避することが可能です。

シリーズで初めて「戦わない」という選択が可能となり、状況に応じたより自由でリアリティ溢れる街の探索がお楽しみいただけます。
龍が如く6公式ページから引用)

バトルは龍が如くシリーズの面白さの一つでしたが、あまりに雑魚との戦闘が続くと嫌になる事があります。特にイベントで移動してる時にチンピラやヤクザに絡まれると面倒ですからね。

龍が如く6のバトルはシームレスで始まる上に逃げるシステムが追加されたことでストーリーをサクサクと進められそうです。

龍が如くのストーリーは好きだけどバトルは苦手だという人もいるでしょうから、有難いシステムだと思います。

経験値がそこまで入らなさそうな敵との戦闘はガンガン無視して先に進んでいきましょう(笑)ただ、逃げすぎたりして桐生さんの評判が下がってしまうようなことはないといいのですが。

でも、マップ移動からバトルへ入るまで全てシームレスに進むので逃げなくても快適にゲームを進められそうな気もしますね。

【龍が如く6関連記事】

ABOUTこの記事をかいた人

ワタセコウイチ

Game is Best(ゲームイズベスト)管理人のワタセコウイチです。FPSが大好物。CoDWWII発売が楽しみ!※名前は本名ではありません。ハンドルネームです。プロフィール画像はコナン顔メーカーを使用。